本日 109 人 - 昨日 139 人 - 累計 126420 人
  • 記事検索

  • アンケート
  • facebookで「友の会」のグループを作成する?
    賛成 (公開グループ)
    賛成 (非公開グループ)
    作成されれば参加する
    必要ない
    わからない
    コメント:
RSS
●9月7日に予定していたジオツアー「中央構造線縦谷を分ける3つの谷中谷を覗く」は11月2日に変更しました。

■9月14日(土)講座「伊那谷にゾウがいた頃(第四紀)」

1998e91d904da1a60d7b4923373852cb 講師:小泉明裕氏(飯田市美術博物館学芸員)

 日 時:9月14日(土)午後1時半~3時
 場 所:美術博物館講堂
 聴講無料・申込み不要

【内容】
 第四紀は、258万年前以降の地質時代です。飯田下伊那にまだ人類がいない頃、ゾウやシカなどの野生動物が
謳歌していた頃のできごとを、飯田下伊那にみられる証拠と、関東その他地域とを比べながら振り返ります。

●9月29日(日)ジオツアー「伊那層の火山灰とゾウ足跡や植物化石」

案内:小泉明裕さん・牧内文隆さん

 集 合:美博第3駐車場 8時
持 物:昼食、水筒、雨具保険+参加費(300円)、乗合せ交通費(500円)
申し込み: 事務局(美博 0265-22-8118)担当:小泉

【内容】
下伊那の第四紀層が見られる喬木村富田・飯田市下久堅小林・川路袖ヶ洞・山本久米などを訪れ、火山灰層や植物化石、ゾウ足跡化石を観察します。


■8月24日(土)講座「中部山岳の成立とフォッサマグナ」

12cef40cdcf2b7bfe761d45c16776b20講師:竹内章氏(富山大学名誉教授)

 日 時:8月24日(土)午後1時半~3時
 場 所:美術博物館講堂
 聴講無料・申込み不要

【内容】
 伊那谷を含む中央高地の成立としくみについて、活断層の発現より高原隆起が早いことに注目し、近畿三角帯の沈降、日本海が閉じた時期、アムーノレプレート東進説、日本海溝西進説などを紹介しながら、解き明かします。

●8月28日(水)ジオツアー「国定公園へ、濃ヶ池はどうなる」健脚向け

案内:片桐一樹さん

 集 合:美博第3駐車場 7時/出砂原駐車場 7時10分/菅の台パスセンタ- 8時
 持ち物:山歩きできる服装、雨具、弁当、水筒、保険料+参加費(300円)、パス・ロープウェイ代(4,130円)、乗合せ交通費(1,000円)、定員15名
申し込み: 事務局(美博 0265-22-8118)担当:村松 ・日程変更注意!

【内容】
馬の背・濃ヶ池一周コースを歩き、固定公園をめざす中央アルプスの利用と保全、とくに水位が下がっている濃ヶ池の保全について考えます。

【写真 濃ヶ池】
DSCF0152s

 

出砂原駐車場



次のページ