本日 71 人 - 昨日 106 人 - 累計 88131 人
  • シラビソ
  • 14 09 06_0010小河内谷
  • 060415 010天龍峡
  • s-11 05 22_遠山谷探検_0004
  • ツツザキ
  • 伊那谷の自然2
  • アンケート
  • facebookで「友の会」のグループを作成する?
    賛成 (公開グループ)
    賛成 (非公開グループ)
    作成されれば参加する
    必要ない
    わからない
    コメント:
  •  伊那谷質問箱
  • 伊那谷に関する、地形、地質、植物、動物などについのご質問を各部門の専門家がお答えします。
    理科室
    伊那谷質問箱へ(クリック)
  • Moblie QR
  • QRコード携帯電話からも
    アクセスできます。
  • Search

  • CountDown
  • 「伊那谷自然友の会」総会 は
    終了しました。
  • New Photo
  • 伊那谷の自然 No.200(2018.12.01)_ページ_1-2伊那谷の自然 No.199(2018.10.01)_ページ_1
  • Social Media
最近のお知らせ
編集室だより
絵文字2018年度友の会行事ごよみ クリック:2018年度友の会行事ごよみ

■会報掲載の「伊那谷の自然通信」を掲示板に投稿しました。
「伊那谷の自然通信」を広く募集します!気に入った写真1枚に200字程度の説明を添えてメールでお送りください。



denkyu11[1]
ヒント 画像をクリックすると拡大されます

2019年2月9日(土)講座「種つてなに?チョウの交配実験からみた近縁種の関係」


■2019年2月9日(土)講座「種つてなに?チョウの交配実験からみた近縁種の関係」

2月9日(土)講座講師:北原 曜さん(信州大学名誉教授)

日 時:2月9日(土)午後1時半~3時
 場 所:美術博物館講堂
 聴講無料・申込み不要
 
【内容】
 蝶には多くの近縁種がありますが、交尾しない仕組みと、交尾しても子ができない仕組みがあり、ふつは血が混ざり合うことはありません。ところが例外もあり、自然に交尾して立派な雑種ができてしまうこともあります。今回は、いろいろな近縁種の交配実験を通して、種っていったい何だろうか考えてみましよう。


<講師のご紹介>
北原先生は自然災害の専門家ですが、 サイドワークでチョウの研究もされてきました。特にチョウの人工交配や飼育を得意とされ、興味深い実験をたくさんされています。(当館学芸員:四方)




最新会報


2018年12月1日 第200号
●会報 200 号記念特集 「私の好きな伊那谷の自然」
伊那谷の自然 No.200(2018.12.01)_ページ_1-2

会報 200 号記念特集 ショートエッセイ「私の好きな伊那谷の自然」
・ 足元の小さな自然からダイナミックな自然まで ・・・・・・ 矢ヶ崎加壽子
・ 不自然なような自然の風景 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 宮崎裕子
・ 再び深南部ヘ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 清水岳志
・ 四季を通して楽しむ伊那谷の自然 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 吉川美果子
・ 伊那谷を観る目 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 北林夏布波
・ 希少トウヒ属と石灰岩 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 明石浩司
・ 自然の不思議を楽しんでいます ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 矢澤 恵
・ 「ざざ虫」と「天竜アメ」を育む天竜川 ・・・・・・・・・・・・・ 久保田憲昭
・ 憧れのいきものとの出会い ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 荒川史子
・ スミレに魅せられて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 野口伴行
・ 山と川と空と ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 横井由佳
・ 風穴の遺産としての保存を願う ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 片桐一樹
・ 深谷の妖精 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 植松永至
・ 自然の中で命を感じる子どもたち ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 木下孝子
・ 可愛い顔して“どっこい”な「シナノコザクラ」・・・・・・・・ 田邊幸子
・ 裏 の 山 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 瀧沢郁雄

会報 200 号記念インタビュー 「伊那谷の自然いまむかし」
伊那谷の自然 No.200(2018.12.01) [58]1


自然を自分で見て、体験することの大切さを
~設立に関わった会員の方々にお話を聞く~  








  ■会報(年6回発行、B5一部カラー、16頁)


「伊那谷の自然」をテーマにして、自然の仕組みや見方などの一般的な話題から、人と自然に関わる問題、自然保護に関する話題までさまざまな話題をお届けします。
会員が各地で集めた自然通信も人気です。

 バックナンバー:会報「伊那谷の自然」




sasayuri
伊那谷の自然を一緒に楽しみませんか。
「伊那谷自然友の会」はこの地域の自然に関心のある人の集まりです。自然を楽しみ、鑑賞し、ときには観察したり調べたり。また地域の自然を守りたいと思っています。
私たちの伊那谷は今大きく変わろうとしています。私たちはこれを自然を通してみつめ、地域を知り、未来を考えたいと思っています。
●伊那谷自然友の会ヘ入会しませんか(年間会費:2,000円)

○会に入るとどんなことがあるのでしょう?
・年40回以上の野外での観察会や室内での講座・研究会に参加できます。会ではそれぞれの分野に詳しい地域の専門家がご案内します。
・年6回、地域の自然に関する情報満載の会報をお届けします。一部の会員からは「この会費で年6回も会報を送っていただける」という声をお聞きしています。
・地域の自然が好きな仲間をつくることができます。


2018年度友の会行事ごよみ


2018年度友の会行事ごよみ(年間行事予定です。 クリックして下さい。)

アーカイブス


伊那谷の自然 No.2(1985.12.01)発足大会伊那谷の自然 No.188(2016.12.01)_ページ_1.jpg

更新履歴