本日 112 人 - 昨日 139 人 - 累計 126423 人
  • アンケート
  • facebookで「友の会」のグループを作成する?
    賛成 (公開グループ)
    賛成 (非公開グループ)
    作成されれば参加する
    必要ない
    わからない
    コメント:

活動報告

  1. HOME >
  2. 活動報告
このページは、事務局が投稿します。
お名前 :記憶
メールアドレス
タイトル
本文 [] [特大] [] [] [斜線] [下線] [取消線] [] [] []
URL
添付画像
編集キー ( ※記事を削除する際に使用 )
■泰阜村でザクロ石を探そう 6月9日17人参加 事務局投稿 投稿日:2019年07月28日 17:52 [返信]
 原茂樹さんの案内で泰阜村役場のザク口石や個人宅の見事な銭石を見学後、万古川流域で結晶質石灰岩や花崗岩中のザク口石の採集を行いました。

DSCF0502s DSCF0498s

■小諸氷風穴と上田別所氷沢風穴を巡る 6月23日17人参加 事務局投稿 投稿日:2019年07月28日 17:47 [返信]
 小諸と上田の風穴を観察し、実験にて風穴現象のしくみを学んだ。二つの風穴とも、地域の人の協力でよく保存され研究されていることに驚いた。

伊那谷の自然 No.204(2019.08.01) [21]

■南ア林道で厶シトリスミレを見よう 6月1日15人参加 事務局投稿 投稿日:2019年07月28日 17:34 [返信]
南アルプス林道を歩いて、ホテイランやシナノコザクラを観察。ムシトリスミレは咲き始めだったが、いくつかの花を見ることができました。

伊那谷の自然 No.204(2019.08.01) [23]

■木曽谷北部のテンナンショウめぐり 5月26日22人参加 事務局 投稿日:2019年07月28日 17:27 [返信]
初夏の木曽谷をめぐり、希少植物のイナヒロハテンナンショウとアシウテンナンショウを観察しました。

伊那谷の自然 No.204(2019.08.01) [20]

■崩れ出る、野底川ヘ  5月11 日 14 人参加 事務局 投稿日:2019年06月01日 07:05 [返信]
 野底川上流大島沢右岸の新しい林道沿いで、崩れかけた不安定な花崗岩と堆積物、巨大崩壊の地形面等を観察。下流へ土砂を出さないか不安だ。


伊那谷の自然 No.203(2019.06.01) [18]

■竜東の里山で夏鳥を楽しむ 5月 6日 18 人参加 事務局 投稿日:2019年06月01日 06:57 [返信]
 里山でさえずる夏鳥たちを見て歩きました。オオルリ、サンショウクイなどの姿も見ることができ、大型連休の最後の日を楽しみました。

伊那谷の自然 No.203(2019.06.01) [17]

■野底川の押し出しと ”さかさ流れ” 4月21 日 16 人参加 事務局 投稿日:2019年06月01日 06:50 [返信]
 天竜川左岸から野底川が作った地形を概観した後、弁天の岩と狭窄部を観察。その後野底川が押し出した堆積地形と北向きへ流れる流路を観察した。身近な所で、不思議な地形に驚く。


伊那谷の自然 No.203(2019.06.01) [15]

■ハナノキの赤い花かんざしを見て花の水晶山を 散策 4月20 日 22 人参加 事務局 投稿日:2019年06月01日 06:27 [返信]
 ハナノキ湿地と水晶山を散策し、春の花々を観察 した 。水晶山ではカタクリとアズマイチゲも花盛りで、うららかな春の一日でした。


伊那谷の自然 No.203(2019.06.01) [32]

♦第23回伊那谷自然史発表会 3月17日 事務局 投稿日:2019年03月30日 10:29 [返信]
 約32人が、お気に入りの一品を紹介する「野山で見つけた宝物パート2」(14件)を堪能し、日ごろの成果のポスター発表に聞き入ったり、と大盛況でした。


伊那谷の自然 No.202(2019.04.01) _OCR[20]

■スノーシューハイクVIII  2月10日 17人参加 事務局 投稿日:2019年03月30日 10:14 [返信]
 記録的な少雪の冬で、この日の茶臼山も雪がある場所を選びながら歩く感じ。それでもウサギやシ力、リスなどの足跡を見つけ冬山探索を楽しんだ。

伊那谷の自然 No.202(2019.04.01) _OCR[19]

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 次の10件>>