本日 54 人 - 昨日 75 人 - 累計 28588 人 サイトマップ
  • トップページ画像
  • トップページ画像
  • トップページ画像
  • トップページ画像
  • トップページ画像
  • トップページ画像
  • アンケート
  • facebookで「友の会」のグループを作成する?
    賛成 (公開グループ)
    賛成 (非公開グループ)
    作成されれば参加する
    必要ない
    わからない
    コメント:
  •  伊那谷質問箱
  • 伊那谷に関する、地形、地質、植物、動物などについのご質問を各部門の専門家がお答えします。
    画像
    伊那谷質問箱へ(クリック)
  • Moblie QR
  • QRコード携帯電話からも
    アクセスできます。
  • Search

  • CountDown
  • 「伊那谷自然友の会」総会 は
    終了しました。
  • New Photo
  • 伊那谷の自然 No.191(2..伊那谷の自然 No.190(2..
  • Social Media
最近のお知らせ
編集室だより
■会報掲載の「伊那谷の自然通信」を掲示板に投稿しました。
「伊那谷の自然通信」を広く募集します!気に入った写真1枚に200字程度の説明を添えてメールでお送りください。
■2017年度友の会行事ごよみ
 クリック:2017年度行事.pdf




画像
ヒント 画像をクリックすると拡大されます

最新会報


画像伊那谷の自然 No.191(2017.06.01)_ページ_1.jpg
特集 中央構造線を歩く2-地形と集落-

■会報(年6回発行、B4一部カラー、16頁)

「伊那谷の自然」をテーマにして、自然の仕組みや見方などの一般的な話題から、人と自然に関わる問題、自然保護に関する話題までさまざまな話題をお届けします。
会員が各地で集めた自然通信も人気です。

 バックナンバー:会報「伊那谷の自然」



●6月10日(土)「秋葉古道の中央構造線を歩こう!」主催:大鹿村中央構造線博物館


画像
●6月10日(土)「秋葉古道の中央構造線を歩こう!」

 主 催:大鹿村中央構造線博物館
 日 時:6月10日(土)9時から15時
 集 合:大鹿村中央構造線博物館 9時
 持ち物:歩きやすい靴と服装、雨具、昼食、飲み物
 申し込み先:大鹿村中央構造線博物館
       TEL.0265-39-2205
 申し込み締め切り:6月4日(日)
 詳 細:画像クリック
 参加費無料・雨天中止
【内容】
 博物館から大沢まで中央構造線を見ながら秋葉古道を歩きます。
 その後、村の送迎車で安康露頭を見に行きます。
※終了時刻を変更しました。15時15分大河原発伊那大島駅行きのバスに間に合うようにいたします。
※申込締め切りを6月4日(日)に変更しました。


◆6月17日(土)伊那谷研究団体協議会年次総会 記念講演会「戦後社会のわすれもの」-伊那谷の山村から感ずること-


画像
◆6月17日(土)伊那谷研究団体協議会年次総会 記念講演会「戦後社会のわすれもの」-伊那谷の山村から感ずること-

 講 師:高橋寛治氏(地域政策プランナー)
 日 時:6月17日(土)午後2時~4時
 場 所:飯田美術博物館講堂
 聴講無料・申込み不要
 問合せ:伊那谷研究団体協議会事務局(牧内誠)℡.0265(24)8381

【講演の要旨】
 戦後、私たちは一貫して「経済の発展」と言う幻想を求めて汗を流してきました。その延長線上に「職を有名企業に求める」「より高い所得を得る」など、安定に未来を託してきました。
 ところが現在、若い人の中では全く異なる価値と判断基準が生まれています。その基本は「雇われる」という生活から「自らが切り開く」生活へ。これからの時代を「自らが責任を持つ生き方」、このうねりが徐々に広くなっています。
 今回は山村で生活する人々の思想の中から、この「潮目の変化」をつかみ、20年・30年後の飯田・下伊那を考えてみたいと思います。

(講演に先立ち午後1時30分から2時まで伊那谷研究団体協議会の年次総会を行っておりますが、ご着席いただいて結構です。)

■6月24日(土)講座「中部日本で初めて見つかった古代の大陸片


画像
■6月24日(土)講座「中部日本で初めて見つかった古代の大陸片

講 師:坂本正夫氏(飯田市美術博物館専門研究員)
 日 時:6月24日(土)午後1時半~ 3時半
 場 所:飯田美術博物館講堂
 聴講無料・申込み不要 

【内容】
 日本列島では異質の、およそ4億年から2億年の古代大陸だった岩体が、九州から千葉にかけて点在しています。
 ところが中部日本にだけ見つかっていませんでした。この度、飯田市の遠山郷にそのレンズ岩体群が発見されました。どんな変わった岩体なのでしょうか。





画像
伊那谷の自然を一緒に楽しみませんか。
「伊那谷自然友の会」はこの地域の自然に関心のある人の集まりです。自然を楽しみ、鑑賞し、ときには観察したり調べたり。また地域の自然を守りたいと思っています。
私たちの伊那谷は今大きく変わろうとしています。私たちはこれを自然を通してみつめ、地域を知り、未来を考えたいと思っています。
●伊那谷自然友の会ヘ入会しませんか(年間会費:2,000円)

○会に入るとどんなことがあるのでしょう?
・年40回以上の野外での観察会や室内での講座・研究会に参加できます。会ではそれぞれの分野に詳しい地域の専門家がご案内します。
・年6回、地域の自然に関する情報満載の会報をお届けします。一部の会員からは「この会費で年6回も会報を送っていただける」という声をお聞きしています。
・地域の自然が好きな仲間をつくることができます。


2017年度友の会行事ごよみ


2017年度友の会行事ごよみ(年間行事予定です。 クリックして下さい。)

アーカイブス


伊那谷の自然 No.2(1985.12.01)発足大会伊那谷の自然 No.188(2016.12.01)_ページ_1.jpg

更新履歴